修理事例修理事例

HOME > 修理事例:ガラス修理 > 熱割れによる硝子修理をしました (2012.07)

熱割れによる硝子修理をしました (2012.07)

熱割れの一番の原因は『ガラスの温度差』。冬に多いといわれますが、夏でももちろん発生します。次のような行為も原因となりますのでお気を付け下さい!
 *ガラスに部分的に日陰ができる。 *フィルムの「部分貼り」。
 *ブラインドを半分だけ上げる。カーテンを半分だけ閉める。 などなど

施工前

熱割れは、日光によって暖められたガラス面の温度とサッシ内のガラスの温度の差が大きくなることにより生じます。

施工後

網入りのガラスは透明に比べて熱割れを起こしやすいです。

戻る