修理事例修理事例

HOME > 修理事例:ガラス修理 > 焼肉店の硝子修理(2014.8.4)

焼肉店の硝子修理(2014.8.4)

急ぎで焼肉店の硝子修理を頼まれました。
下見にうかがったところ、会社に在庫のあるガラスの種類で、ガラス押えのゴムも使えることがわかり緊急対応することができました!

※「ガラス押えのゴム」
 ガラスがサッシの中でガタガタしないように押える為に、ビートやシール(シリコン)を使用します。ビートは使いまわしができ施工も比較的早くできますが、シールは毎回新しいものを使用し時間もかかります。最近の一般の住宅はビートのお宅が多いですが、状況によってシールを使用することもあります

施工前

施工後

戻る