修理事例修理事例

HOME > 修理事例:ガラス修理 > 大板の硝子修理 (2014.9.1)

大板の硝子修理 (2014.9.1)

先日、神田の現場で大きなはめ殺し窓の硝子修理を行いました。
サイズは約1800o×1800oで厚さは8o。重さは60Kg以上にもなります!
そんなときに使用するのが、「施工前」写真に写っているガラスの吸盤です。職人さんは“タコ C:。ミ ”と呼んだりするそうですよ。なかなか見られない工具ですよね★

施工前

施工後

戻る